私立高校

共学校

この学校をブックマークする

この学校の資料請求をする

とうきょうでんきだいがく

東京電機大学高等学校 

学校詳細

建学の精神、教育理念

「人間らしく生きる」

校訓は「人間らしく生きる」。「人間だけが自らの夢の実現に向かって向上心を持ち続け、努力を続けることができる。だからこそ向上心を持ちつづけ、積極的に生きよう」というメッセージが込められている。教育目標として「豊かな心・創造力と知性・健やかな身体」をそなえた人の育成を掲げる。

教育の特色

年間3種類の試験を実施、きめ細かく学習指導

生徒一人ひとりの未来を創る土台となる学力をしっかり育む。高1は、均等クラス、高2は、理系コース、文系コース、高3は、理系コース(国公立大・私立大)、文系コース(国公立大・私立大)を設置し、各自の進路希望に応じて学んでいく。
きめ細かい学習指導を行うために、年間で定期考査・到達度確認テスト・模試の3種類の試験を実施。定期考査は年5回行い、授業の理解度を都度確認する。到達度確認テストは、高1・高2では年2回、高3では年1回行い、学習内容が定着しているかどうかをチェックする。さらに、全国レベルの校外模試や大学入試センター模試、全国統一記述模試などを学年に応じて行い、全国レベルでの学力を確認する。これらの試験結果から生徒一人ひとりの学習状況を把握し、適切なアドバイスや指導に役立てている。
放課後や長期休暇中の講習会では、発展的な問題演習に取り組み、大学受験に向けた実戦力を身につけていく。高1では、英語・数学を中心に基礎力と応用力を養成。高2では、大学入試や模試に向けを、高3では、より実戦的な受験対策を行う。学習の遅れている生徒に対しては、放課後に補習などを行う。

施設設備

明るく風通しのよい教室

ゆとりある校舎に機能と実用を兼ね備えた施設が充実している。窓が大きく明るい教室には液晶テレビと電子黒板を設置。図書館は、蔵書約6万冊、雑誌50種、新聞6紙、映像ソフトは500本で、館内には無線LANを完備。小ホールは、264席が階段式に設置され、ビデオプロジェクター、その他AV機器を完備している。ほかにも、バスケットボールコート2面がとれる広さの体育館、柔道場、トレーニングルーム、屋上プール、メニュー豊富なカフェテリアなどがある。

学校行事

TDU武蔵野祭は全校が一丸となって開催

1年を通して多彩な学校行事が行われている。4月には2泊3日の高校生活スタートセミナー(高1)、6月には体育祭、7月には球技大会、8月には海外英語研修ホームステイ(高1・高2希望者)、カンボジアボランティアツアー(高1・高2希望者)、9月には全校挙げての大イベント、TDU武蔵野祭(文化祭)、10月には高2修学旅行(西九州)、12月には球技大会、エンパワーメントプログラム(希望者)、1月〜3月カナダ短期留学(高1・高2希望者)、2月には文化講演会、合唱祭がある。

部活動

少林寺拳法部、鉄道研究部など豊富

先輩と後輩が同じ目標に向かい、外部試合・コンクールに積極的に挑んでいる。少林寺拳法部、ゴルフ部など種類も多い。鉄道研究部は、全国高等学校鉄道模型コンテストで、モジュール部門ベストライター賞・ベストクオリティー賞、1畳レイアウト部門で加藤祐治賞を受賞。校内では5インチケージのミニ鉄道「梶野軽便鉄道」を運行し、武蔵野祭でも大人気となっている。
運動部としては、陸上競技部、ラグビー・フットボール部、サッカー部、バスケットボール部、卓球部、バレーボール部、水泳部、柔道部など。文化部では、放送部が第35回NHK杯全国中学校放送コンテストに出場。その他に歴史研究部、コンピュータ部、無線部、吹奏楽部、科学部など。また、同好会として漫画美術同好会、物理同好会、シネマ研究同好会などがある。

進路指導

生徒の多様な希望・適性に合わせたサポート体制

「自らの夢を考えさせる進路学習」と「生徒の多様な希望・適性に合わせたサポート体制」を進路指導の方針と定め、3年間を通して計画的に進路学習プログラムを実施している。高校生活スタートセミナー、職業観や勤労観を養うための外部講師による進路講演会、大学オープンキャンパス参加、各大学の教員による主張講義、東京電機大学説明会、卒業生による大学受験報告会などを行う。
大学受験対策講座、各種模試、小論文対策、指定校・公募推薦面接指導など、受験のサポートにも力を入れている。
近年大学進学実績が向上。特に理系、医歯薬系への進学が増加している。国公立大は、東大をはじめとする難関大学に2ケタ合格、医歯薬系も2ケタ、ほか私立大の難関私立大にも多くの合格者を輩出。

その他

東京電機大学のあゆみ

日本が将来技術立国になる夢を抱いて、2人の青年技術者が明治40年に開校した夜間の「電機学校」が、東京電機大学の起源だ。以来、現在に至るまで科学者・技術者の養成に力を注いでいる。ラジオの実験放送も時代に先駆けて行い、さらに日本初のテレビの公開実験も実現。当時、テレビ放送実験ができる設備を備えていたのは、東京電機大学だけだった。21世紀を迎えた現在も、大学では時代を牽引する優秀な科学者・技術者を世に送り出している。

この学校へのお問い合わせはこちら

  • 資料請求をする