私立高校

共学校

この学校をブックマークする

この学校の資料請求をする

めじろけんしん

目白研心高等学校 

学校詳細

建学の精神、教育理念

建学の精神は「主・師・親」

目白研心高等学校の建学の精神は「主・師・親」。「主」とは社会に対する貢献を、「師」とは師と共にひたむきに学ぶ姿勢を、「親」とは自分を支えてくれる人々への感謝を表します。この理念を達成するために、校訓として「誠実・敬愛・感謝」を掲げています。「グローバル社会で活躍する人材育成」を教育目標に据え、コミュニケーション力、問題発見・解決力、自己肯定力の3つの力を育てます。

教育の特色

特別進学コース・選抜コース・SuperEnglish Courseの3コース

目白研心高等学校では、高1から「特別進学コース」「選抜コース」「SuperEnglish Course」の3つのコースを設置し、一人ひとりの力を大きく伸ばします。
「特別進学コース」は国公立大、早慶上智、東京理科大をめざします。主要5教科に重点を置いたカリキュラムで、7時間目授業や勉強合宿などで学力を強化します。「選抜コース」はGMACHなどへの進学をめざし、さらに高2以降は、英語力を活かして難関私立大文系をめざす「英語難関クラス」、国・社・英を中心に学び、文系、体育・芸術系などの多様な進路に対応する「文系選抜クラス」、数・理・英を中心に学び、理工系・情報系、医師薬・看護系への進学をめざす「理系選抜クラス」の3コースに分かれます。
2014年にスタートした「SuperEnglish Course」は、海外大学や、国内でもオールイングリッシュで授業を行う慶応義塾大学SFC、早稲田大学国際教養学部等をめざします。英語はTOEFL iBT80点を目標とするカリキュラム、高2で70日間のニュージーランド留学を実施し、高い英語力を身につけます。
英語教育は目白研心の伝統です。「特別進学コース」「選抜コース」でも力を入れます。週1の語彙テスト、MVP(全校統一語彙テスト)、高校卒業までに英検準2級・2級をめざした英検対策など、「使える英語」を念頭に指導します。

施設設備

新校舎が竣工、申し分のない施設

目白研心高等学校では、2009年1月に地上5階建ての新校舎が竣工しました。どの教室も最大限に光を採り入れるつくりになっています。サイエンスフロアは3つの理科室と、視聴覚設備とLanguage Laboratoryを兼ね備えた2つのコンピュータ室があります。メディアセンターは図書室はじめ、進路や国際交流などの情報の拠点。音楽室や工芸室、調理実習室などの特別教室の集まる9号館、明るいカフェテリア、2つの体育館、ナイター設備完備のグラウンド、人工芝のサブグラウンド。

学校行事

運動会・桐陽祭は中高合同で

目白研心高等学校では、四季折々を豊かに彩る様々な行事があります。5月は運動会、6月は高3歌舞伎教室、高校合唱発表会、7月は高1林間学校、9月は桐陽祭(文化祭)、10月は高2修学旅行(九州)、11月は芸術鑑賞会、2月は進路講演会、3月はオーストラリア語学研修。

部活動

チアリーディング、ラクロスなど各部が活躍

目白研心高等学校では、多くの生徒が伸びやかに部活に励んでいます。チアリーディング部は全国大会優勝の実績、ラクロス部は関東大会出場、バドミントン部、バスケットボール部なども活躍しています。運動部はサッカー部、野球部、ダンス部、弓道部、陸上部など14。文化部は吹奏楽部、ESS部、理科部、茶道部、邦楽研究部、歴史研究部、硬筆部、演劇部、漫画研究部など19。

進路指導・大学合格実績

学習支援センター

目白研心高等学校では、基礎力の定着と自学自習の習慣を身につけることを目的に学習支援センターを設置、さまざまな学習プログラムを開発・実施しています。『基礎力定着プログラム』『ステップアッププログラム』では、英数国で朝の確認テストを行い、終礼時に返却。不合格者はパソコンを使用した復習・再テストやチューターによる個別指導を実施します。大学受験を視野に入れた単元別映像講座、Vトレーニング(プリント学習)、VOD大学受験映像講座など。さらに国公立・早慶上理・GMARCHの志望者には、志望校別個別指導を実施します。別途費用がかかりますが、学校が半額を補助します。
授業では受験科目に対応した選択科目を設置し(高3)、春期夏期冬期講習で受験対策を実施します。
チューター常駐の自習室も設置し、クラブ活動後の夜7時半まで利用できます。
近年大学合格実績が着実に向上しています。とくにGMARCHの合格数が大きく伸びています。

その他

充実した留学制度

目白研心高等学校では、イギリス、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドの4ヶ国の学校17校と姉妹提携校を結んでいます。1年間の長期留学では、留学中の単位が認められ、3年間で卒業できます。3カ月留学は6月~8月に実施。
校内には国際交流を専門に行う部門として国際教育部があるほか、留学や留学生を受け入れたご家庭の保護者の会(MOMの会)や保護者による国際交流委員会があり、留学に関する情報交換や各種支援活動、国際交流のPR活動などを活発に行っています。

この学校へのお問い合わせはこちら

  • 資料請求をする