私立高校

女子校

この学校をブックマークする

この学校の資料請求をする

たまがわせいがくいん

玉川聖学院高等部 

学校詳細

建学の精神、教育理念

聖書を土台にして、使命を見出す

一人ひとりは神が造られたすばらしい存在であるということが、玉川聖学院の教育方針の土台にあります。自分には確かな価値があるということを知ることが、本校の学習の出発点と言えるでしょう。さらに、他者もまた自分と同様にすばらしい存在であることを認め、異なる者同士が共に生きる豊かさを体験的に学ぶ機会を提供しています。たくさんの人々との出会いを通して、自分の使命を見出していく作業に自分のペースで取り組んでいくことができます。

教育の特色

総合科「人間学」で自分に出会う

高1、2年次の総合科人間学では、自分と向き合い、人間とは何かという問いに真剣に取り組みます。高1では「今、ここにいる私」をテーマに自己理解を深め、高2では「人生の四季を生きる」というテーマで誕生から死までの人間の生きる意味を考えます。読書発表やグループディスカッションを通して、考える、書く、発表する、という作業を繰り返し、文章力、発表力、洞察力が身についていきます。各自が2年間で作り上げる「人間学ノート」は、大学受験時の小論文や面接にも役立つヒントがあふれた自分史となります。
さらに、基礎学力と人間学を土台として、さまざまな体験学習を積み上げられるのが本校の特徴です。玉聖アクティブ・ブログラムとして、地球共生、人間社会、サイエンス、芸術メディア、言語コミュニケーションの5つに分類された多様なプログラム体験が、夢を実現する道を具体化していきます。中でも、国内・国外の異文化の人々と直接出会う機会が授業や行事の中に取り入れられていることが、世界の課題に目が開かれて学習意欲を向上させるために役立っています。

施設設備

きれいな校舎の中に自分の居場所を見つけられる

全館バリヤフリーの耐震構造の校舎。ステンドグラスとパイプオルガンが設置された2大ホール、4万5千冊の蔵書を誇る情報センター(図書館)、個別学習ブースが並んだ学習室、ネイティブ教師がお昼と放課後に常駐してくれるEnglish Lounge、保健室に隣接するカウンセリング室。各教室にはプロジェクターの他にもwi-fi環境が整備され、広範な体験学習が可能。広いラウンジでは毎日コンビニの出張販売があり、富士山が見える屋上でお昼を食べることもできます。2大体育室とテニスコート3面分のグランドの間には、クリスマスの季節にライトアップされて人気スポットになるツリーや入学式を彩る桜の木が、凛として十字架を見上げる「(通称)玉川聖子像」を見守っています。

学校行事

人と共生する力をつける多様な行事

宿泊行事や年間行事が多いことは本校の特色のひとつです。入学してすぐの4月には体育祭、5月にはキリスト教のオリエンテーションとしてのCFLキャンプ、6月は音楽会、9月は学院祭、10月には高齢者・障碍者施設への施設訪問、11月は感謝祭礼拝、12月にはクリスマスの諸行事が続きます。他にも週末には教科毎の自主参加の研修が開催され、長期休暇中には、有志参加の聖書を学ぶバイブル・キャンプ、高齢者施設で奉仕するワーク・キャンプ、被災地を訪問するボランティア・キャンプ等が行われます。高2の10月の韓国修学旅行は、姉妹校との交流等を通して、地に足のついたグローバル教育の集大成となります。高3になってからも4月の体育祭では学年全体の創作ダンスを発表し、5月には1泊で3年間を振り返る時間を持ち、最後のクリスマスには高3の特権としてハレルヤ・コーラスの大合唱を披露。行事を重ねるごとに、仲間と共に歩む喜びと達成感が積み上げられていきます。

部活動

充実したクラブ活動で人間力を養う

文化部はウィンド・オーケストラ(吹奏楽)、ハンドベル、ギターマンドリン、演劇、英語、美術、写真、軽音楽。運動部はテニス、バレーボール、バスケットボール、ソフトボール、新体操、卓球、バドミントン、チアリーディング、ダンス、剣道。同好会としても、ストリートダンス、競技かるた、文芸、音声劇、手話賛美、手芸、数学研究会など多様な集まりがあります。さらに、校内の習い事として、茶道、華道、書道、料理、美術、パイプオルガン、パソコン等は、月謝を払う教室として開催。聖歌隊や聖書を学ぶ会等の宗教活動も盛んです。

進路指導・大学合格実績

丁寧な進路指導と行き届いた講座開催

一般入試受験生のためには長期休暇中の特別講習の他、難関大入試の備えにもなる各種講座を年間約50講座開催。自習室は19:30まで開放され、wi-fi環境が整った中で自分のペースでネット上の学習を進めることができます。一方、高大連携している明治学院大をはじめとしたキリスト教系大学など、多様な大学からの指定校推薦枠が350名以上あるため、人間学や玉聖アクティブ・プログラムの体験を生かして推薦やAO入試で進学する者も多くいます。面接や小論文は個別に徹底指導。約90%の生徒が年制大学に進学しますが、丁寧な面談を経て各自の希望に沿った志望校や入試方法を決定していきます。充実した学習や活動を、達成感をもって満喫し将来の足掛かりを見つけることができるのが玉川聖学院の学校生活です。

その他

人との出会いで養うグローバル教育

異文化を知る機会が、人との出会いを介して体験できるのが玉川聖学院のグローバル教育。英語圏だけではなく、アジア、アフリカとのつながりがあるのが特徴です。校舎内のEnglish Loungeでは、昼休みと放課後にネイティブ教師が待機し、英会話を自由に楽しむことができます。朝の礼拝、校内放送が英語でなされることもあり、日常的に英語に親しめます。1年次には選抜された40名で3週間のフロリダ英語研修を経験。韓国の姉妹校崇義女子高とはお互いにホームステイに生徒を送り合い、2年次の修学旅行で感動の再会をします。

この学校へのお問い合わせはこちら

  • 資料請求をする