私立高校

共学校

この学校をブックマークする

この学校の資料請求をする

じょうさいだいがくふぞくじょうさい

城西大学附属城西高等学校 

学校詳細

建学の精神、教育理念

校訓は「報恩感謝」

城西大学附属城西高等学校では、「天分の伸長」「個性の尊重」「自発活動の尊重」を建学の精神に掲げ、校訓「報恩感謝」を定めています。自分を育ててくれた両親や自然に感謝し、恩を返すために、「今できること・やらねばならないこと」に全力で努力する生徒を育てます。「自主・自立」「国際理解教育」「学力の育成」「体験・経験」「個性の尊重」を重視した教育を行います。

教育の特色

充実した学習支援で部活を続けながら大学受験

城西大学附属城西高等学校では、高2から理系・文系に分かれます。高3は志望進路別のクラス編成で約半分の授業が必修選択科目となり、各自の進路実現に合わせて学べます。
一般クラスとは別に、CS(Culture & Sports)クラスを設置しているのも特色です。クラブ活動、学外でのスポーツ、芸能・文化活動で頑張る生徒のための特別カリキュラムを編成しています。5・6時間目の自由度が高く、勉強と活動を両立させながら大学受験の学力も育成します。
学習支援プログラムも充実しています。大学受験対応の「放課後ゼミ」は主要5教科で行います。夜8時まで行うゼミもあり、部活後の参加も可能です。夜間自習として夜8時まで自習室を開設。5教科の担当教員が在室し、質問を受け付けます。
夏期・冬期・春期ゼミは高校生希望者対象に1コマ100分で実施。高1は英・数・国、高2・高3は進路希望に応じて文系・理系科目を開講、特に高3は入試演習で実力を養成します。4泊5日の夏期学習合宿も実施。さらに、3学期は高3対象に受験直前ゼミを行います。

施設設備

個別ブース型自習スペースつきの図書室

城西大学附属城西高等学校の施設は、体験学習・自学自習を重視したつくりになっています。生物、物理、化学の各実験室はゆとりの広さ。蔵書の充実した図書室は個別ブースの自学自習スペースも十分確保。体育施設はグラウンド、体育館、地下道場(柔道場・剣道場)。広々とした生徒食堂、ゆとりの自習室。外部施設として高島平グラウンドを所有、さらに2017年にスポーツハウスが完成予定。

学校行事

しいのき祭やスキー・スノーボード実習

城西大学附属城西高等学校の行事は文武両道でバラエティーに富んでいます。仲間と協力する大切さを学び、文化や芸術に触れ豊かな感性を育む貴重な場となっています。4月は芸術鑑賞会、6月は体育祭、7月は歌舞伎教室(高3)、9月はしいのき祭(文化祭)、合唱コンクール(高1)、音楽祭、12月は修学旅行(高2)、1月はスキー・スノーボード実習(高1)、2月はスポーツ大会(高1・高2)など。

部活動

52におよぶ充実の部活動

城西大学附属城西高等学校では部活を奨励し、種類も豊富です。陸上競技部は全国レベルで活躍しており、2年生のサニブラウン・アブデル・ハキームが2015年に世界ユース大会100m、200mを新記録で優勝し、世界陸上に出場しました。野球部も過去2度にわたり甲子園出場を果たしています。混声合唱によるグリー部は年間50回を数える定期演奏会を開催し、世界的な合唱団・チェコ少女合唱団との共演も行った伝統部です。吹奏楽部も毎年のコンクールで賞に輝いています。
運動部は硬式野球部、軟式野球部、サッカー部、ソフトテニス部、柔道部、少林寺拳法部、合気道部、陸上競技部など28。ダンス同好会も活動。文化部はギター部、ESS、弦楽部、演劇部、MANGA部、放送部、獅子舞研究部など24。
また、部活動が設けられていないフィギュアスケートや新体操、水泳などの競技に個人で取り組んでいる生徒が高体連の大会に出場できるようサポートもしています。

進路指導・大学合格実績

他大学進学も徹底サポート体勢あり

城西大学附属城西高等学校では、学年に応じた進路指導プログラムにより自分の将来像を明確にし、その夢をかなえるための大学・学部選びと、計画的な学習ができるよう導きます。
高1は進路研究、系列大学見学、大学系統別ガイダンス、親世代から生き方を学ぶ会など。高校は2年生全員を対象に「大学模擬講義」を開催。各大学から先生を招いて講義をしてもらい、進路決定に役立てています。卒業生の体験を聴く会なども開催します。高3はオープンキャンパス参加を始め大学受験指導を中心に行います。保護者対象進学ガイダンスも実施。各学年で各種模試、英検、数検、国語力検定なども実施します。
また、生徒の志望する学部系統ごとにクラス編成を行い、文系、理系ともに全ての生徒が系列大学以外の受験にも対応した授業を受けることができます。そのため城西大学(薬学部を設置)、城西国際大学(薬、看護学部を設置)、日本医療科学大学など系列大学への推薦入学だけでなく、上智やGMARCHなどの難関私大や、東京薬科など医療系他大学に進学する生徒も増えています。

その他

国際理解教育

城西大学附属城西高等学校では、海外姉妹校との交流は30年を超える実績があります。現在はアメリカやオーストラリア、ニュージーランド、韓国、中国、台湾に姉妹校が広がっています。姉妹校はじめアメリカ、ヨーロッパ、アジアなど各国の留学生を受け入れています。
短期留学はアメリカ、オーストラリア、カナダ、ニュージーランド等に約2週間。中期留学はオーストラリア、ニュージーランドに約3カ月間、長期留学はアメリカ、オーストラリア、ニュージーランドで約10カ月間実施します。
高2修学旅行は台湾の姉妹校交流を中心としたプログラムで実施しています。

この学校へのお問い合わせはこちら

  • 資料請求をする
  • 説明会を予約する