私立高校

男子校

この学校をブックマークする

この学校の資料請求をする

ほんごう

本郷高等学校 

学校詳細

建学の精神、教育理念

個性を尊重した教育を通して国家有為の人材を育成する

「文武両道」「自学自習」「生活習慣の確立」の3つの教育方針を定めている。学習や部活など、仲間同士で切磋琢磨し、お互いが刺激し合う環境のなかで、次世代を担うリーダーとしてふさわしい逞しい男子を育成する。

教育の特色

高1は中高一貫生とは別クラス、専用カリキュラムで学ぶ

高1は中高一貫生とは別クラスで、高校入学生のための専用カリキュラムによりしっかりと学ぶ。特に、数学は通常授業に加え、週2回7時間目および夏休みに補講を行い、1年間で1.8年分を学習する。
高2からは中高一貫生との混成クラスとなり、特進コースと進学コースの文科と理科に分かれる。高入生は1年次の学業成績や模擬試験の成績によって特進コースに入ることも可能。特進コースでは東大、京大、一橋大、東工大の最難関国立4大学を目標に、ハイレベルな授業を行っている。
高3は国公大立受験型と私立大受験型それぞれに直結する選択科目を多数設置。各自志望大学の受験科目に応じて効率的に学ぶことができる。特に理科・社会(地理歴史)は希望者が5~10人でも授業を実施し、きめ細かく指導する。また数学・理科は習熟度別授業、英語表現は1クラスを2分割の少人数授業。さらに、充実した教科別演習講座を正規の時間割内に開講しており、志望に合わせて選択できる。

施設設備

ラーニングコモンズ、メニュー豊富なカフェテリア

校舎はすべて耐震構造。1号館から6号館まで、それぞれ教室や特別教室など施設が充実している。創立90周年記念事業として、4号館と2号館を建て替えた。学校の新たな顔となった2号館は光が降り注ぐ快適な校舎。向かい合わせに配置されたラーニングコモンズと図書室は、調べ学習や生徒同士の学び合い、自学自習など、生徒主体の活動のための場となっている。6号館はメニュー豊富のカフェテリア、視聴覚大教室、静かな自習室などがある。

学校行事

目玉行事は体育祭、本郷祭、修学旅行、マラソン大会

多彩な行事を行うことで、人格的な成長を図っている。目玉の行事は体育祭(6月)、本郷祭(9月)、修学旅行(高2・10月)、12キロに挑戦するマラソン大会(11月)。このほか、4月は競技大会、8月は海外研修(高1)、1月は柔道・剣道の寒稽古など、四季を通じて行事が行われる。

部活動

フェンシング部、ラグビー部は総勢60人

文武両道の同校。運動部・文化部とも活発に活動している。高校からの入学生と、中学からの入学生が出会い、友だちをつくる場ともなっている。中高合同の部活も多い。
フェンシング部、ラグビー部は高校生部員総勢60人以上。サッカー部、硬式野球部、陸上競技部、バスケットボール部は40名以上とどの部も盛況。ボウリング部は全国大会常連校。運動部としては、このほかスキー部、、バドミントン部、テニス部など。ウエイトトレーニング同好会もある。文化部としては、吹奏楽部、軽音楽部、漫画劇画部、マイコン部、歴史研究部など。同好会は料理同好会、奇術同好会、鉄道研究同好会などもある。

進路指導

東大、京大、東工大、一橋大など最難関大に現役合格

生徒が将来について自ら考え、自ら決定できるようサポートしている。
サマーセミナーと大学入試センター試験演習、校外模試は3学年すべてで実施。難関大進学セミナーは高1・高2で実施する。高2・高3は、クラスごとに進学指導ホームルームを行い、大学の学部・学科選定など生徒たちにアドバイス。高3では、大学入試センター試験出願説明会、受験校決定のための重点指導、直前講習など、生徒をしっかりとサポートする。
近年東大、京大、東工大、一橋大など最難関国公立大への合格実績が着実に伸び、うち現役合格がほとんどを占めている。私立大も、早稲田大、東京理科大、明治大などは3ケタ合格。理系志望者が文系志望者を上回り、医学系大学も合計2ケタ合格の実績を築いている。

その他

本郷独自の検定試験「本数検」と「本単検」

教育方針「自学自習」にもとづいて実施する独自の検定試験「本郷数学基礎学力検定試験(本数検)」、「本郷英単語基礎学力検定試験(本単検)」)も、特色ある教育だ。級や段によって到達度を認定し、生徒たちは学年の枠を越えてチャレンジする。部活の先輩やクラスの友だちが成績優秀者として表彰されるなど、縦のつながり・横のつながりのなかで、ともに切磋琢磨している。

この学校へのお問い合わせはこちら

  • 資料請求をする