私立高校

共学校

この学校をブックマークする

この学校の資料請求をする

しばうらこうぎょうだいがく

芝浦工業大学附属高等学校 

学校詳細

建学の精神、教育理念

科学技術立国に貢献する人材の育成

「敬愛の誠心を深めよう 正義につく勇気を養おう 自律の精神で貫こう」を校訓として、次の4つの教育目標を掲げている。1.科学技術立国たる我が国の発展に寄与するための多彩な資質を育む。2.批判的精神、論理的思考、説得力ある表現を鍛える。3.不断に自己成長できる学習習慣と向上心を育てる。4.心と体を整え、世界と社会に貢献する気概を養う

教育の特色

変革をパワーにつなげ、技術者を育成

豊洲への校舎移転、共学化と大きな変革を経て、ものづくりの中核を担う人材の育成に力を入れている。
入学後は、中学からの入学生とは3年間別クラス・別カリキュラムで学ぶ(高2以降の一部選択科目を除く。委員会活動や一部のクラブ活動ではともに活動)。高1では、男子クラスと女子クラスに分かれ、授業を行う。全員によるプログラミング、ロボット製作など学校独自のものづくり講座も実施。原則として、卒業後は全員が芝浦工業大学へ推薦入学するが、さらに上位の理工系学部への入学を目指すことも可能だ。
芝浦工大学キャンパスのある豊洲へ移転したことにより、大学連携教育がさらにパワーアップ。大学院の英語授業への参加や、大学の留学生との交流が実現するなどすでに効果が表れている。

施設設備

広大な敷地に恵まれたハイテク校舎

2017年竣工の校舎は、全校生徒が丸3日校内にとどまれるだけの水・食料とシートを備蓄。毛布、簡易トイレ、浄水器、燃料なども保管し、災害時に備えている。蔵書5万冊を超える図書室は机も大きく、調べ学習などに適している。パソコン教室では画像処理、動画編集、Web制作、数式処理などのソフトウエアが利用可能。カフェテリアもリニューアルし、メニューも一新。エアドーム式のプールは年間を通して使用できる。体育館、弓道場、道場、全天候型グラウンドなど体育施設も充実している。

学校行事

高2の教育旅行は北九州・南九州のどちらかを選択

学期ごとに行事をバランスよく設定。5月には、芝浦工業大学見学(高1)、6月には、歌舞伎鑑賞(高3)、球技大会、7月には、ニュージーランドホームステイ(高1希望者)、10月には、芝生祭(文化祭)、体育祭、芝浦工業大学見学(高2)、国内教育旅行(北九州グループ・南九州グループのどちらかを選択/高2)がある。

部活動

水泳部はインターハイ連続出場

水泳部はインターハイ連続出場、サッカー部は全国高校サッカー選手権大会の都大会出場。運動部には、このほか野球部、剣道部、弓道部、ゴルフ部、テニス部、バスケットボール部など。文化部には、電子技術研究部がThinkQuest JAPANなど各コンテストで優秀な成績を収めている。このほか理科部、鉄道研究部、吹奏楽部など。同好会も盛んで、ジャグリング同好会、書道同好会、模型同好会、ダンス同好会などがある。

進路指導

芝浦工業大学へ、他の上位大学への進学をサポート

芝浦工業大学への進学を中心として、さらに上位の理工系学部をはじめとする他大学への進学をサポートしている。
夏期講座では、英語・数学・国語など150を超える70分講座を実施。希望する進路に必要な科目やレベルに応じて自由に選ぶことができる。
芝浦工業大学の見学会は、各学年で実施。大学での学びについてガイダンスを受け、研究室を訪ねたり、学食を味わうなどして、大学の雰囲気を体感しながら進むべき方向を定めていく。

その他

最先端の科学技術が体感できる豊洲エリア

立地する豊洲は、最先端の科学技術が体感できるエリア。校舎周辺には、日本科学未来館をはじめ多くの科学研究機関、産業施設、ハイテク企業が集まり、体験学習や調べ学習などに広く利用することができる。
また、校舎は江東区の「豊洲グリーン・エコアイランド構想」に指定されている区域内にある。自然環境に最大限に配慮し、安全・防災面を含めて、持続的に人が住み、働き、学ぶことができる街づくりが進められているエリアだ。

この学校へのお問い合わせはこちら

  • 資料請求をする