私立高校

共学校

この学校をブックマークする

しばうらこうぎょうだいがくかしわ

芝浦工業大学柏高等学校 

学校詳細

建学の精神、教育理念

創造性の開発と個性の発揮

芝浦工業大学柏高等学校では、建学の精神「創造性の開発と個性の発揮」に則り、自由な心と人への思いやりにあふれ、自然を愛し、家庭・社会・人類に対する責任を進んで果たす豊かな人間性をそなえた青年を育成します。さらに、自分の個性を最大限にいかし、この世界に新しい文化を創り出し、広く社会に貢献する有能な人間を輩出することを目標とします。

教育の特色

高校は「グローバルサイエンスクラス(GS)」と「ジェネラルラーニングクラス(GL)」の2コース制

芝浦工業大学柏高等学校の教育の柱は、「グローバル」と「サイエンス」。グローバルの取り組みとして、中高合わせて2回の海外研修やオーストラリア、ロンドンへの希望者によるホームステイ、サイエンスの取り組みとして、環境教育やサイエンスクラスの実践があります。Web教材を用いた反転学習やアクティブラーニングの取り組み、web教材開発コンテストへの参加など、自らの目標に向け、主体的に課題を見つけ解決していく人材を育成していきます。GSは文理に関わらず、最難関国公立を目指し、課題解決力や表現力を意識した、知識を運用する授業を行います。GLは、5教科7科目をまんべんなく学びながら千葉、筑波大や難関私大の進学を目指します。
GSは高1から併設中学からの入学生と混合クラスで、GLは高2から併設中学からの入学生とは混合クラスになります。ただし、GS,GLとも、高1では、高入生専用の教育を行います。毎朝曜日ごとに英語・数学・国語・化学の25分授業「モーニングレッスン」を実施し、中学入学生との進度のずれを埋めていきます。学習の遅れがちな生徒には補習を行います。学習の仕方を学ぶ「自学自習研修」や、予習・復習指導など、高校での学びに不可欠な「自ら学ぶ姿勢・実行力」をしっかりと養います。
高2以降はGLも併設中学からの入学生と合流し、文系と理系別のカリキュラムで学びます。進路希望に直結する細かいコース分けは大きな特色です。一部の授業が少人数や習熟度で行われます。
高3になると、GSのグローバルコース(文系)、サイエンスコース(理系)のほか、GLの文系は国公立コースと難関私立コース、私立コース、理系は国公立コースと難関私立コース、私立医学・工学・理学コース、薬学・農学・看護コースに加え、芝浦サイエンスコースなどを設置。こうしたコース分けに加え、大学レベル別の演習授業を選択することで、各自の進路に合わせた時間割を作ることができます。
「芝浦サイエンス」も独自の取り組みです。文部科学省のスーパーサイエンスハイスクール(SSH)の指定校(2004年度~08年度)として築いた理数教育の実績をもとに、創造性と個性豊かな科学技術者の育成をめざし、先端科学授業、課題研究、プレゼンテーション・論文指導などを行います。

施設設備

開閉式ソーラーハウスプール、人工芝グラウンド

芝浦工業大学柏高等学校は、緑豊かで広大なキャンパスが自慢です。施設も充実。広々とした人工芝グラウンドは暑さを防ぐミスト設置。2015年度には第3グランドが完成しました。開閉式ソーラーハウスプールは季節により屋根を開けて開放的に泳げます。中庭に面した明るいカフェテリアは体重計タニタの社員食堂を運営している会社が入っています。産地が見える安全な食材を使用し、魚や低脂肪の肉の日替わりセット、日替わりどんぶりなどメニュー豊富。味だけでなく、鉄分、カルシウム、ビタミン類を同時に摂取できるようなメニューを提供しています。また、グリーンホール、体育館などいずれもゆとりの広さ。

学校行事

自学自習研修、オーストラリア研修

芝浦工業大学柏高等学校では、自学自習研修やオーストラリア研修など、目的の異なる宿泊行事を用意しています。それぞれの目的のもとに、学びを充実させています。
4月は自学自習研修(高1)、5月は球技大会、合唱祭、6月は高2オーストラリア研修旅行、7月は希望者によるオーストラリアホームステイとイギリスホームステイ、9月の増穂(ますお)祭(文化祭)は生徒が中心に運営、11月の芸術鑑賞会は歌舞伎座や国立劇場、オペラシティなどで開催、2月は3年生を送る会、3月は進路講演会(高1、2)

部活動

水泳部は毎年インターハイ出場、科学部は国際大会出場

芝浦工業大学柏高等学校は文武両道、部活が盛んです。水泳部は毎年インターハイに出場し好成績を残しています。創部30余年の伝統部・ラグビー部は県大会で活躍、サッカー部は部員40名の大所帯で、文化部も科学部は国際大会出場、囲碁将棋部は関東大会出場など実績があります。運動部は他に陸上競技部、ソフトテニス部、野球部、弓道部、ハンドボール部など14。文化部は茶道部、演劇部、吹奏楽部、軽音楽部、美術部など10。同好会は鉄道サークル。

進路指導

例年難関国公立大、早慶上智、東京理科大に多数合格

芝浦工業大学柏高等学校では、大学進学指導を強化しています。定期試験に加え、実力試験、模擬試験、各種検定試験などを実施。その度ごとに試験結果の分析を行い、自分の学習計画を見直します。2週間ごとに書き直す「目標達成シート」、試験前に計画する「目標達成有言実行シート」、模試で使用する「模試分析シート」などを使いながら、目標と自分の現在の実力を確かめ、やるべき課題や学習を書き出します。各教科の小テスト、クラスごとの漢字・文法・計算コンテスト、Webによる自学自習システムなども行います。
夏期講習は全学年で実施。有料ですが低価格で90分授業を行い、種類も充実。さらに高3は12月の卒業試験後、大学受験講座を開講します。
例年東大、東工大など難関国公立大、早慶上智、東京理科大、GMARCHなど難関私立大に多数合格しています。芝浦工業大学への内部推薦制度もあります。

その他

海外研修・海外大進学

芝浦工業大学柏高等学校では、オーストラリアクイーンズランド州の姉妹校・リディーマー校との交流を軸にした海外研修を高2で行っています。希望者には夏休みのオーストラリアホームステイ(高1)やイギリスホームステイ(高2)、1年間の交換留学制度も実施します。
海外大進学として、ロンドン大学、オックスフォード大学、ケンブリッジ大学の入試担当者を年1回学校に招いた説明会を実施し、海外大進学の後押しも行っています。